HOME>イチオシ情報>家を作る時は現在のことだけでなく未来の暮らしも考えよう

地震に強い仕組みや家作りの提案サービス

男女

建てたい家を建てられるのが注文住宅の魅力であり、奈良県でもマイホームの購入を検している方々に注目されています。注文住宅では工法も自在に選べますが、地震に強く、柱の出っ張りが少ないことからツーバイフォー工法も人気です。この工法が耐震性に優れているのは、線で家を支える枠組工法と違い、天井や床、それに壁といった面で支えられるからです。そのため、地震はもとより、台風などの風圧にも強い仕組みになっています。また、注文住宅は将来の豊かな生活をデザインすることもテーマの1つなので、各住宅会社では未来の暮らしも視野に入れた家作りを提案してくれることが少なくありません。

予算に合わせて建築会社を選ぶのが得策

女性作業員

どれぐらいの費用で家を建てられるのか、注文住宅を考える時は必要金額も気になるところです。建築費は家のサイズや工法、それに使用建材により1千万円単位で上下しますが、安ければ2千万円以下でも建てられます。ただし得意な価格帯は奈良県でも建築会社ごとで違いますから、1千万円台で家を建てたい時は、その価格帯をメインとする施工業者を探しましょう。その業者ならリーズナブル建材をセレクトして、機能性を確保しつつローコストなプランを提案してくれます。

費用の一例を見てみよう

住宅模型

家作りでは工事の本体価格だけでなく、付帯工事と諸費用も計算に入れておかねばなりません。例えば奈良県で建てる注文住宅の本体価格が1800万円、付帯工事が200万円、そして諸費用が200万円であれば総額は2200万円です。もしも頭金を200万円用意した場合は2000万円が借入金となり、0.657%の35年ローンを組みますと、毎月の返済額は概ね5万円台前半になります。これは注文住宅のみの代金なので、土地もこれから購入する際は別途その費用も必要です。

広告募集中